相場を知っておくと損無く引越しが可能になる

綿密に計画しましょう

女性

新居へ引っ越しするための準備には、荷物減らしと綿密な配置を考えておく必要があります。引っ越しの直前までに処分をするものを決めておかないと新居でまた荷物が増えてしまいます。また、大きな家具や家電の配置が定まらないと、なかなか細かな片付けがはかどりません。あらゆる想定をして引っ越しに臨みましょう。

大型家電の扱い方

家電

引越しの際の冷蔵庫の扱い方として、まずは水抜きをして新居に持っていくという方法があります。または、専門の業者に引き取って貰ったり、大型ごみとして処分するという方法もあります。大きなものですので、早めに扱いを決めておくと良いでしょう。

配送ならお任せの業者

家電

個人事業主で成り立っている引越し業者といえば赤帽があります。コストパフォーマンスでは人気一位になったこともあって使いやすいです。大事なペットを輸送するときは対応していない業者もあるので注意しておきましょう。

業者に任せてしまおう

引越し

リーズナブルなものもある

引越しは引越し業者に任せてしまうことが一般的です。また、業者の数も増えてきているので、いろいろと相場を比較して選ぶことができます。特に、人気なのは、遠方への引越しです。遠方となると交通費がかかるだけではなく、荷物の移動にとても時間がかかります。個人的にレンタカーやトラックを借りて運ぶよりも、断然、業者に任せてしまった方がスムーズです。例えば、福岡から東京、逆に、東京から福岡というように遠方への引越しは、専門業者に依頼してみましょう。まず、見積もりを取ることになります。福岡から東京までの移動にはどのようにするのか、業者によって異なるものです。通常、トラックで移動します。高速代などがかかりますが、トータル的にリーズナブルな料金の業者もあるので相場を調べてみましょう。

業者なら楽にできる

福岡から東京、東京から福岡への引越しは、遠方ということもあり、とても大変です。だからこそ、業者に頼む人が多くなっています。これは単身でもファミリーでも利用した方がお得です。相場を調べてみましょう。繁忙期と閑散期とでは料金が異なることもあるので、この点も比較しておいた方がいいかもしれません。例えば、単身の場合、繁忙期は最低でも相場で7万円はかかると見ておきましょう。一方、閑散期では5万円程度でできることもあります。高いところでは、10万円以上かかるので、予算を組んでおきましょう。もちろん、ファミリーではもっと高くなります。20万円以上はかかると見ておいた方がいいかもしれません。それでも、個人的に行うよりは断然お得です。