相場を知っておくと損無く引越しが可能になる

綿密に計画しましょう

女性

荷物を減らしましょう

子どもが生まれ、部屋が手狭になってくるとより大きな部屋へ引っ越しを考える人が多くいます。引っ越しの準備は綿密に計画性を持って行いましょう。引っ越し業者に見積もりを出してもらうと、引っ越す場所と荷物の量が大きく関係してきます。中には梱包の段階から引っ越し業者に依頼すると準備の手間が大幅に減りますが、その分のコストは掛かります。引っ越し準備は新居探しと併せて、荷物を減らす努力をしていきましょう。日頃からから使わなくなった物が押し入れに眠っているのならば、この機会に処分をするとよいでしょう。引っ越しの日程が近づいてから準備を行うと、処分できるか判断せずに新居へ運んでしまうため、荷物は一向に減りません。準備の第一の作業は荷物減らしを行いましょう。

事前に配置を考えましょう

新居が決まったら、次に配置を綿密に考えましょう。図面から何となくこのあたりに家具を置こうを気軽に考えていると、実際に置いてみた時の周囲とのバランスが悪い場合があります。引っ越し業者のサービスで大きな家具の配置換えを行ってくれる業者もありますが、大きな家具の配置が決まらないと細かな荷物が片付かなくなります。また、コンセントの位置を考慮して配置をしないと家電の使用が難しくなります。図面にサイズだけでなくコンセントやスイッチの位置を確かめておくと配置がしやすくなります。今まで使用していたカーテンは新居で既成のサイズでなくなると使用できない場合があります。さまざまなことを想定しながらあらかじめ確認しておきましょう。